まだ少し待っててね

20歳の次男が2017年4月に自死しました

たられば

結婚しようと言われていた彼氏も同居をすることになり、一昨年から6人で暮らし始めた


私の両親の具合が悪いので、

実家に帰ろうと考えていたのだが、

子供達も彼氏も反対した


昨年の夏、黙って3日間キャンプに行ってきた次男が、ひょっこり帰宅すると、

まず彼氏は叱ろうとした


少し言いかけた時、長男が「今、言わなくてもいいでしょ」と遮り、

私も「疲れたでしょう、湯船入って早く寝ちゃいなね」と暖かいスープを出した


結局、彼氏は「みんな心配するから、外泊する時には、書置きするとかしていかないとね」とだけ言った


「刑事が死ぬ為に家出したんじゃないか?とか聞くんだよ、そんな訳ないのにね」と笑う私

「うん、けど山で一緒に景色を見ていたお爺さんに、死ぬなよとか言われたんだよね…死ぬ様に見えたのかな」と答えながら、次男は何を考えてたんだろう


~したら良かったのか、

~すれば良かったのか…

考えても仕方ないのは分かっているが、

あの時に叱らなかった事を彼氏は悔いている


私は、次男の会社の上司に「明日になったら本人から連絡させるが、2~3日、会社を休ませて欲しい」と頼み、警察署にも連絡した


翌日、刑事は長男と次男の部屋で、次男に少し注意をすると帰っていった


そして次男は、会社を退職する事に決め、

私と彼氏と一緒に、事務所へ荷物を取りに行った


「少しゆっくりするといいよ」

私は、そう言った


あの時に、もっと突っこんで色々と聞いていれば、こんな事にならなかったのか?


まさかその8ヶ月後に、本当に居なくなるとは考えてなかった私は、“トリックアート展"に誘った


私が次男を撮ったのは、これが最後の写真だった



小さな頃は、写真や動画をよく撮ったのだが、大きくなると減ってくる


もっと撮っていたら良かった…

たらればの後悔ばかりだ


トリックアートの亀に乗っている次男を見ていると、

沖縄旅行でゾウ亀に乗って、餌をあげていた次男を思いだした



動物が大好きな優しい子供だった

1回目の寝坊

捜索願を出す為に、警察署に行くと

生活安全課の刑事2人に質問された


「悩みはありましたか?」

「死にたいと言われた事はありますか?」


考えた事もなかった…

悩みは誰にでもあるだろう

そんな事で死にたいと思うとか、

失踪するなんて事が、

うちで起こるなんて想定してなかった


「え?」


でも考えてみれば、職場の事を

愚痴る事は多かった


昨日のブログに書いた様に、

始発から終電の仕事が多く、終電に間にあわない事も数回あったし、

休日の組み方なんて、ひどかった


出勤させておいて「今日は休みでいいよ」なんていうのは、休日ではないだろうと


でも次男が1番嫌だと言っていたのは、

いじめがある職場ということだった


1年早く入社した次男と同じ年の男の子が、壮絶ないじめにあっていて可哀想なんだと、毎日の様に言っていた


「助けてあげたいけど、助けてあげられない

その子の辛さを聞いてあげることしかできない」


「そんな何もかも変な職場は辞めたらいいのに…」

いつも私は次男に言っていた


「免許があれば、更新時に捕まえる事ができるのですが…事件性がないと警察としては捜せないので家出人として受理しておきます」


警察署で、そう言われた次の日の夜、

「ただいま~」

本当に普通に次男は帰ってきた


「何処に行ってたの?」

「山登りにね」


「携帯が壊れているので、目覚ましを4時半にセットできずに寝坊した

先輩に連絡したかったが、携帯が反応せずアドレス帳が開かない


そうしたら何もかも嫌になって、山に行くことにしたんだ…」


そう次男は言った


私は次男が帰ってきたというだけで安堵して

「疲れたでしょう、湯船入って早く寝ないとね」と言い、

次男の会社の上司に帰宅した事を連絡した

捜索願い

次男は高校卒業後、エコキュートなどの

取付作業の会社に就職した


免許を取得してなかった為、

毎日の通勤は電車を乗り継いでいく


作業現場は殆ど遠方で、始発で事務所に行き、作業員数人で車で現場に向かい、事務所に戻った後に終電で帰ることが多かった


終電が無くなると、次男から電話があり、事務所まで車で迎えに行くことが数回


休みは不定休

自宅から1時間掛けて事務所に行くと、「今日は休みでいいよ」と帰される事が数回


昨年の夏、次男が仕事から帰宅した時に、

「スマホを落としたら画面が割れて電話が動かなくなった」と見せられ、私は「次の休みに買いに行かないとね」と答えた


次の日の夜、

次男は夜0時を過ぎても帰宅せず、

壊れているスマホに掛けても、出られない事が分かっていたので、連絡をしなかった


更に次の日の朝、

次男の会社の所長が「次男くんが出勤してこないのだが…」と自宅に来た


驚いた私は「昨日の夜は帰ってこなかったので、終電が間に合わず、事務所の近くにでも泊まったのでは?」と答えた


「いや、昨日から出勤して来なくて…

何回も電話しているのに出なくて…」


「スマホは一昨日の現場で壊れたから、こちらから連絡する事ができないので、帰宅したら連絡します」と伝えた


次男の部屋を確認すると、キャンプ道具一色が無くなっている


捜索願いを出すことにした